歯科で受けるホワイトニング~白く美しい笑顔でわ歯歯~

さまざまな治療法

矯正治療の抜歯との関係性

最近、抜歯をなるべく行わないで治療をする歯科医院が増えてきているように思います。不正咬合というのはそもそも顎に歯がおさまりきらないことで引き起こされるものです。顎に歯をおさめるということであればその分のスペースを確保する必要が出てくるというわけですから、健康な歯を抜いてスペースを作り出すことが必要であると言われてきたのです。 一方、抜歯は必ず身体に何かしらの影響を与えます。歯列を整えるためとはいえ、健康な歯を抜いてしまうわけですからリスクがないわけではありません。しかし、矯正治療においては抜歯を行わないことで治療が完治しても歯列が乱れしまうこともあるため、抜歯に対する考え方や意見が真っ二つに分かれていたのです。 もちろん、抜歯を必要とする症例においては必ず抜歯を行うべきであり、そうでない場合には行わないで済むような治療法を歯科医師が提供すべきだと思います。微妙な見極めは歯科医師に委ねることになるわけですから、やはり歯科医院選びというのは妥協してはいけないこともわかるかと思います。

矯正装置と歯科医院の関係について

矯正歯科や歯科で行う治療法には、さまざまな方法があります。自分のライフスタイルに合わせて治療法を選択し、途中で断念することがないように気を付ける必要があるということになります。 希望するような矯正装置が治療前からある場合、歯科医院選びは多少難航することになると思います。全ての歯科医院が矯正治療を受け付けているわけではなく、また全ての矯正歯科医院が全ての矯正装置を取り扱っているわけではないからです。よって、事前に希望する矯正装置の有無を確認することで、手間をかけずに矯正歯科治療を受けることができます。